家具の転倒防止マット・突っ張り棒の意外な調査結果

家具の転倒防止マット・突っ張り棒の意外な調査結果

耐震グッズ、防災グッズの定番なものとして、
家具の転倒防止ジェルマットや突っ張り棒があるかと思います。

 

 

 

しかし、東京都や名古屋市などの調査によると、
家具の下において使うマット型・ストッパー型・ジェル型の耐震グッズは
単独で使うだけでは家具の転倒を防止するほどの効果がない
、という結果が出ているのをご存知ですか?

 

このように防災対策の定番である家具の転倒防止グッズは、
しっかりと選ばないと、効果がないものを買ってしまう可能性があるのです。

 

そこでこのページでは、
転倒防止グッズの意外な調査結果や重要性、失敗しない選び方についてまとめています。

 

 

このような家具が大地震発生時に実際に「簡単に倒れます」

 

タンスや本棚、テレビ、ピアノ、机、食器棚、冷蔵庫、電子レンジ、吊り下げ式の照明器具など、
家の中の「すべての家具類」は地震発生時に大きく揺れ、実際に簡単に倒れてきます。

 

東京都の調査によると、近年発生した大きな地震では、
家具類の転倒や落下、割れたガラスによる負傷者が、全体の3〜5割を占めているそうです。

 

逆に言えば、事前に家具の転倒防止対策をしておけば、
あなたやあなたのご家族が怪我や圧死する可能性を減らすことができるわけです。

 

そんな家具の転倒を防ぐための、転倒防止グッズですが、
以下の3つの大切な理由から今すぐ導入してください。

 

 

家具転倒防止グッズを使う大切な3つの理由

 

1.家具の転倒による負傷や圧死の防止

前述したとおり、大地震発生時、家具類の転倒や落下、割れたガラスによる負傷者は
全体の3〜5割を占めているそうです。
そのため、あなたやあなたのご家族の命を守るため、家具の転倒防止グッズは今すぐ使ってください。

 

2.屋外への脱出経路の確保

大地震発生時、揺れが収まったあと、外へ避難をする必要があります。
しかし、家具が転倒していると家やオフィスの出入口がふさがってしまっている可能性も。
ですから、家具の転倒防止対策をしておく必要があるのです。

 

3.地震発生後の後片付けを楽にするため(食器を守るため)

これは意外な盲点なのですが、大地震発生後、家具の転倒防止グッズを使っていると、
お皿やコップなどの食器類の後片付けも比較的ラクになります。
また、避難するとき、割れたガラスや器が床にあると危ないですので、
そういった意味でも予め、家具の転倒防止対策をしておくことをおすすめします。

 

 

本当に家具の転倒防止を防ぐために知っておくべき事実

その1.家具下に置くマット式・ストッパー式のグッズは単独利用しても意味が無い

 

 

 

上のような家具の下に敷いて使う、転倒防止マットやストッパーが売っていますが、
こういったマット、ストッパーはそれ単独で使用しても、効果はないとのテスト結果が出ています。

 

しかし、このようなマット式、ストッパー式の転倒防止グッズは使えないかというとそうではなくて、
下のような家具と天井のあいだに置く、ポール式(突っ張り棒タイプ)のグッズと併用することで、
家具の転倒を防ぐことができる
ようです。

 

 

 

その2.転倒防止グッズは組み合わせて使うと効果的

 

壁と家具を固定させるタイプのグッズと、家具の下におくマットタイプのグッズ、突っ張り棒、
こういった転倒防止グッズを組み合わせて使うことでより安定させることができるようです。

 

ですので、ご家庭やオフィスにある家具の大きさにあわせて、

  • 壁と家具を固定させるタイプのグッズ
  • 家具の下におくマットタイプのグッズ
  • 家具と天井のあいだに置く突っ張り棒

を組み合わせて使うことをオススメします。

 

 

 

すべての家具に転倒防止グッズをつけるとなると、
ホームセンターなどで買うと結構な量になってしまい、持ち帰りが面倒です。

 

ですので、家具の転倒防止グッズをまとめ買いするならAmazonがオススメ。
1つの商品でも送料無料で早ければ翌日には届けてくれますし、
料金もホームセンターと比べて安く、ポイントも付きます。
(楽天市場だと送料がかかったり届くまでに時間がかかるのでオススメしません…)


 

防災グッズストア(Amazon)

家具転倒防止用品などの防災用のグッズから、備蓄用食品・飲料・救急セットなどの非常時用グッズまで。